-->
加盟店で全ての所有カードが切れるのでもありません。▼クレカの加入店はおおむね、ときには5を超えるクレジットカードブランドとライセンスを結んでいますが、不便なことに全部の加盟店で全部の会社のクレジットカードが決済できるんではありません。例をあげていうと古いタイプの契約店の場合にはJCBの書いたそのカードしか使えない状況もあるし近頃のお店の場合ビザやMasterCardマークの書いてあるクレカしか使用不可なときもあります。銀聯といったクレカ会社だったらいっそう決済できない店舗が増えるのではないでしょうか。何のブランドの所有クレジットカードが決済可能かというのをいかにして見たらいいのか?「ではいかなる方法でどの印のクレジットカードが切れるかを確かめたらいいのか?」といってはみたものの、本当のところを見るんだとするとそこの従業員にお見せしてみるのみしかないていうのが実のところその答えです。でも多くの店やホテルには加盟店の目につきやすい場所に切れるクレカ会社のブランドが入った加盟シールが貼り付けられているんで「そうか、そこの店はアメリカンエキスプレスカードが使えるんだ」というのが分かりやすくなってるので心配しないようにしていただけるとよいと思います。しかしながら、しっかり加入管理が出来ていないショップのような場合には、印が貼られている場合でも「現在ではお客様のクレカはご使用いただけません」みたいな答えを受けてしまうなどということもないともいえず冷や汗をかいてしまう状況に出くわしかねません。贅沢をいえば可能な限り十分な数の加入店舗でクレカが決済できるようにするためにも、異なる印(海外ロゴ)が入っている一般的なビザカードマスターカードJCB、アメックス、などのクレジットカードを複数枚携帯するようにするとよいでしょう(例:セゾンカードを持っているならアメックス契約のカードを財布に入れておく等)。とりわけ日本では、VISAカード、MasterCard、JCBの3つのカード会社が入ったカードを常時所持していれば返済状況に問題がない限り日本各地の契約店舗でどれかしらのクレカを差し出す機会があります。クレジットカードをいつも財布に忍ばせてキャッシュレス生活を目標とするのであれば確実に少なくともこの3枚のクレジットカードを作っておいていただくことをお勧めします。

Link

Copyright © 1997 www.pengumumanpns.com All Rights Reserved.